蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 21日

恐るべき雑草

マンション裏で最後まで手をつけていなかった場所があります。
ここは笹が生えていて、少し掘るとその根茎が頑丈に張りめぐらされていました。ここは残渣捨て場にと私は主張していましたが、世話人のひとりが細めの丸太を持ってきて仕切をつくりはじめました。そして丸太を置いた反対側は低くなっているので、石で石垣らしきものをつくりました。彼はここを花壇にしたらいいと思ったのです。

笹ばかりでなく、スギナをはじめいろいろな雑草も生えていましたから、誰がこの場所を花壇にするのだろうと思っていましたが、仲間の一人がその場所の半分ほどにパンジーやらスイセンやらを植えつけました。
それならばと思い、私は手をつけていない半分を耕して、まともな土にしようと作業にかかったのでした。
耕して出てきたものは、笹の根茎や石ばかりではなく、以前に敷き詰めたカーペット(雑草防止のために敷いたらしい)やアスファルトの塊もありました。そういう難物を撤去するには、ツルハシで掘るしかなかったのでした。
大きなものを撤去させたあとの土はカゴで篩にかけ、大きな石を除去していきました。ひとりでやると時間もかかるので、折りをみてボチボチと進めていきましたが、半分近くまできたところでしばらく休憩。

するとまたスギナをはじめ、いろんな雑草が生えてきます。そこで、菜園仲間が一斉に雑草取りをしたときに、この場所の雑草も取ってもらいました。
私はここに山野草を植えてみようという目論見があったのです。ここ半分を私に使わせてもらうことにし、そこにオキナグサを何種類かたくさん植えてみようと思ったのでした。

梅雨が明け、猛烈な暑さがやってきました。それと同時に私は腰を痛めてしまったのです。
きれいになったこの場所はしだいにまた雑草が生え、本腰を入れてかからないとどうしようもない状態になってきました。しかし暑さは何とかしのげるにしても、雑草取りで腰痛を悪化させるわけにはいきません。腰痛はすぐにはよくならず、長引かせているうちに1ヶ月たちました。
f0086944_1354549.jpg

雑草は、恐ろしい状態になってしまいました。
スギナは息をひそめ、ほかの雑草が跋扈し、猛烈な勢いでのびてきました。ここの右半分は表面の雑草を取っていただけで、土の中の瓦礫などは撤去していません。左半分ほどは私が深く掘って、土の純度が高くなっています。この土は砂が多く、肥料分などはなにも入っていません。それでも、この夏の猛暑で、雑草がこれだけのびてしまったのです。

私が植えつけたサツマイモも恐ろしいほどツルをのばしています。いちどツル返しをしましたが、その後は世話をしていません。雑草もその隙間から上にのびようとしています。もういちどしっかりツル返しをしないと、葉のつくった栄養分がしっかりと株元の根に行きません。

下はマンション西側の状態。
f0086944_13542193.jpg

下はマンション北側に植えつけたもの。スペースはわずかでしたが、通路にまでツルをのばしています。左隅にある2個のコンポスターも隠れてしまいました。
f0086944_1354387.jpg

明日の早朝には、菜園仲間で雑草取りをすることになっています。これだけの雑草を取ったら、恐ろしい量になるでしょうね。

by 130atm | 2010-08-21 13:54 | 野菜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/14439304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2010-08-24 10:04 x
前にも書いてらっしゃいましたがこの芋どうすんの(笑
判る人じゃなければこれが芋のつるだとは思えないくらい野生化してますね(汗

これで芋が大量収穫できたら皆さんも土の大切さを知ることでしょう。
Commented by 一拙 at 2010-08-24 13:40 x
10月のはじめに収穫祭という名の芋煮会を企画しています。
芋煮の芋は里芋になりますが、子どもたちにはサツマイモの芋掘りをさせて、土になじんでもらおうという魂胆。
これだけ繁茂すると、芋のできない葉ばかり様になる懼れもあるので、さて結果はどうなりますか。
もし芋が大量に採れたら、菜園仲間で分け合います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新しいパソコン      スイスチャード >>