蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 19日

更新剪定の効果が

「嫁に食わすな」という秋ナスは本当にうまいのかどうか知りませんが、せっかく更新剪定したのだから、それなりの成果は欲しいところです。
涼しくなってからは雨の日が多く、せっかく元気丸を噴霧しても予期せぬ雨で流れ去ってしまうので、効果は思ったほどではありません。それでも花を咲かせ、毎日のようにマルハナバチとおぼしき蜂が来て受粉を助けてくれています。そうしてやっと、千両二号も米ナスも実をふくらませてきました。この分では、これまでのように実のぶら下がった光景が見られそうです。
f0086944_1058690.jpg

受粉しているはずの賀茂なすは、なかなか実がふくらんで来ず、このまま終わりになるのかと思っていましたが、やっとひとつだけしっかりとした実をつけているのを見つけました。わがマンション裏の菜園も、そろそろ雍壁の影がかかってきましたので、あとひと月が勝負です。

気の早い菜園仲間には、あきらめてナスを撤去した人もいます。せっかく更新剪定をして断根までしたのに、わずかの実をつけただけで芽が止まってしまったのでした。理由はいろいろあるでしょうが、更新剪定したというだけでは、以前と同じように樹勢が戻るというわけでもないようです。
更新剪定をしてもあまりかわりばえのしないところもあれば、うどん粉病にまみれていても、意外に実が大きくなっているところもあります。石ナスになったままほったらかしの人は、これはただものぐさを決め込んでいるだけでしょうね。自分のナスだけが旺盛に実をつけているというのも、これはこれでかえって具合が悪いことなのかもしれません。

もう今年の反省はたくさんしていますので、気持ちは来年の栽培に移っています。来年こそは誰もが驚くような樹勢のナスにしたい。それには第一に土作り。第二にも土作り。第三にも、やっぱり土作り。ということで、勝負はこの冬の土作りにかかっています。

写真は千両二号。これで1株です。その後ろにはオクラが4本あります。欲張ったのですね。来年は余裕をもたせて場所を広くとるつもり。

by 130atm | 2010-09-19 10:58 | 野菜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/14626240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2010-09-23 04:23 x
むかーしなすが実をつけないので原因探してたら犯人はすずめだったよ。
Commented by 一拙 at 2010-09-23 13:05 x
スズメが花を食べていたのでしょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< すっかり秋に      ためし掘り >>