蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 25日

苦かったルッコラ

先日、お隣の奥さんが仕切りのフェンス越しに私に話しかけてきました。
スーパーでルッコラを買ったが、苦かったというのです。
山菜なら苦いということもあるでしょうが、ルッコラを苦いと思ったことはありませんでしたので、「農薬が残っていたのでは」と返しました。お隣には無農薬のベビーリーフを何度か差し上げていましたので、味に違和感があったのでしょう。

それから1週間ほどして、8号の白いプラ鉢に植えていたルッコラを鉢ごと差し上げました。ちょうどいい採り頃になっていたからです。
拙庭にはグリーンマスタードとルッコラを地植えしていますから、サラダにするには葉が大きくなりすぎていますが、自家用はこれで十分。鉢のものは順次葉を摘み取っていけば長く楽しめます。

マンション裏の菜園では、やっとベビーリーフが大きくなって、毎日食卓にサラダがのぼっています。
実はまだ食べごろになる前に、収拾がつかないほどヨトウムシの孵化したばかりの小さな幼虫がどの葉にもまとわりついていましたので、断腸の思いでスミチオンを噴霧しました。ベビーリーフに農薬を噴霧したのは初めてです。よく見れば、まだ葉の裏にびっしりとついた卵塊がありました。よくチェックしておかないと、こういうことになるのですね。

f0086944_14461252.jpg

オフェリアです。例のアブ(?)に囓られた痕があります。

by 130atm | 2010-10-25 14:20 | 野菜 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/14855898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2010-10-27 04:07 x
ルッコラ苦いのは農薬ですか(汗
害虫さんは一気に孵化しますから気が付いたときは手遅れ!
ってのが多いっす(涙
オフェリア本当食べられちゃってますね(苦笑
Commented by 一拙 at 2010-10-27 08:50 x
イモムシなら早めに見つけて駆除できますが、飛んでくるものは処置なしですね。
こんなに蕾のうちから囓られるのは初めてのような気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日本オキナグサの定植      ガッカリしないうちに >>