蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 28日

土着菌ごはんの完成

昨日の天気予報では今日は一日中曇りだというので、こういう予報の場合にはきっと雨になると家人に言っていたら、やっぱり朝から弱い雨が降っています。
暗い曇天の下では写真がきれいに撮れないので、少し明るくなる頃合いを待って、1週間前に仕込んだ腐葉土の中のごはんを取り出すことにしました。

明るくなってきたかと思うと、急に陽がさしてきます。太陽が雲に隠れたと思うと雨が降ってきます。
土着菌ごはんを直射日光にはさらしたくないし、雨の中で撮るのも具合が悪い。結局透明のビニール傘をさして撮ることになりました。

腐葉土を取り除き、不織布を取って現れたごはんです。見た目にはいろんな菌が移っているようです。どれが何という菌なのか、皆目分かりません。最近話題のエンドファイトがこのなかにも入っているのでしょうか。これをじっと見ていると、「土の中の宇宙」という言葉が、誇張した表現ではないように思われます。
f0086944_16505119.jpg

反対側のごはんの様子。茶色の菌が支配的です。
f0086944_16511257.jpg

そのごはんを割ってみた様子。中身は色彩があまり豊かではありません。糸状菌や麹菌らしきものが分かります。
f0086944_16513836.jpg

これをカメの中に移し、しゃもじでざっと砕いて黒砂糖をかけました。黒砂糖は明日には溶けて液状になることでしょう。そこに適当に水を足して撹拌し、発酵のはじまるのを待ちます。発酵がはじまったら、青カビが生えないように毎日撹拌していきます。これで最強の土着菌培養液ができますかどうか。

ブナ林から採取してきた腐葉土は、発酵肥料をつくるときに混ぜ込むつもりです。これで無駄なく活用できるというもの。

by 130atm | 2010-11-28 13:19 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/15062250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< カメに仕込みました      土壌微生物の増殖 >>