蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 01日

発酵肥料づくり2011 その5

今年の1月は、どこの地域もそうですが、厳しい寒さになりました。
仙台市の1月の気温を見ると、平均気温が0.6℃(平年1.5℃)、最高気温4℃(平年5.2℃)、最低気温-2.4℃(平年-2℃)になりました。太平洋側にある仙台市では雪もたいして降りませんが、気温がずっと上がらないので、マンション裏の菜園に積もった雪も落ち葉堆肥もガチガチに凍ったままで、切り返しもできません。それでも日本海側の記録的な豪雪の苦労にくらべたら、こんなのは屁でもありません。まったく、気象庁のみならず、この地球温暖化の時代にだれがこんな豪雪を予想しえたでしょうか。

こんなに寒い冬に発酵肥料をつくったらどうなるか。それは私のケースを見れば明らかなこと。いったんおさまった発酵は、この低温で微生物の活動がとまり、まったく変化がありませんでした。あまつさえ一昨日は最低気温が-7℃を記録し、昨日は-5.8℃になりました。こんな低温になったことは過去の記憶にありません。
その寒気団もやっと東に移動しはじめる今日の最低気温は-1.8℃になりましたが、昼に外出から帰ると家人がまた「臭っている」といいます。今朝は仙台にしては15センチほどの大雪になりましたから、チェックもせずに外出したのですが、その隙を狙ってまたしても納豆菌が暴走してしまったのです。
前回の記録を見ると、いったん納豆菌が暴走した後にはコモをかけないようにするとありました。今回もその反省を踏まえず、かけてしまっていたのです。コモをかけたのが暴走の原因なのかどうか分かりませんが、3℃まで冷え切っていたものが急に発熱してくるということがあるのですね。

アンモニアの臭いのする肥料はブルーシートに移し、風にさらして十分に冷やしてから残りの乳酸菌液をかけ、よく撹拌してから山にし、その上に別のシートをかぶせておきました。
今日の最高気温は3.9℃。空は晴天ですが、やや強い冷たい西風が吹いています。週間天気予報では明日が6℃、明後日からは9℃まで温度が上がるようです。肥料の水分量がやや多いようですので、日中は何度か撹拌して乾かし気味にし、3度目の暴走をさせないよう、注意していこうと思います。

by 130atm | 2011-02-01 16:17 | 発酵肥料・堆肥 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/15431655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2011-02-03 12:50 x
やはり名古屋とは比べ物にならないくらい寒いですねぇ(冷汗
そちらよりは少し暖かいので鉢に米ぬかまぶして添え木突っついたこの中にはいい具合に発酵中なのか?
鉢の土の乾きが早いです。
根切りもできるので楽なんですが発酵具合は神任せの所があります(汗
もう少し発酵したら天然肥料入れたいな~って(これがいつになる事やら。
先日アンモニア臭がしたので「日陰の土がやられたか!」と焦りましたが下水排水口への落し物が原因でした(爆
Commented by 一拙 at 2011-02-03 15:18 x
米ぬかだけでは、なかなかアンモニアは発生しないでしょうね。
私は再三アンモニアを発生させてしまいましたので、すっかり自信喪失状態。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 発酵肥料づくり2011 その6      発酵肥料づくり2011 その4 >>