蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 23日

そろい踏み

左は自作の土着菌培養液。右はマイエンザ製法による「えひめAI」です。直前に倒してしまいましたから、内容物が沈殿していません。

f0086944_12363475.jpg

左はぼかし作りや土壌改良に特に有効で、右は消臭や浄化に高い能力を発揮します。この2つがそろえば鬼に金棒ではありませんか。いちいち能書きを垂れるのはやめて、実践あるのみです。
ボトルに貼ったラベルは、これはひとに差し上げるための、ただの体裁づくり。こういうことをして遊ぶのが好きなのですね。

by 130atm | 2011-02-23 12:36 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/15556101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by warabe at 2011-02-23 23:03 x
完成。お疲れ様と言うよりも、充実感ですか?ぼかしの方はどうでしょうか?こちらでは梅花が満開です。春近しです。
Commented by 一拙 at 2011-02-24 08:43 x
おかげさまで、えひめAIは簡単にうまくできました。
一度ヨーグルトを入れ忘れて、すぐにまた足してボトルに入れなおしたのですが、泡が口からあふれ出てきてしまいました。
ちょっとした手順の間違いでも、思わぬ展開になっていくのですね。
ボカシのほうは大変でした。菜園に移して乾かしていたのですが、臭いがマンションに漂ってくるので、風向きを考え、今日は酵母菌液を加えて公園で乾かし、袋詰めをする予定です。
カニガラの臭いはまったく、恐ろしいほどです。
Commented by warabe at 2011-03-01 16:43 x
面白いサイトを見つけました。既にご存知かな。
http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/200404/04_dotyaku.html 覗いてみて下さい。
Commented by 一拙 at 2011-03-01 17:00 x
いやはや、これはだいぶ前に見つけておりましたです。^^
とてもおもしろい学校ですね。このことは念頭にあって、私の土着菌培養液づくりにも参考になっておりました。
Commented by warabe at 2011-03-01 22:28 x
やはりご存知でしたか。EM菌、土着菌、Ai全て同じような働きがありますが、それぞれ得意分野があるのでしょうね。だから菌遊びは止められない。
Commented by 一拙 at 2011-03-02 08:26 x
私が最初に使い始めたのがEMでした。
いわば、3冠達成といったところでしょうかね。^^
Commented by sakillus at 2011-03-05 23:41
お久しぶりです。
マイエンザ製法の作り方の紹介どうもありがとうございました。
hpでは三温糖となっておりますが、黒砂糖でもいいですよね?
Commented by 一拙 at 2011-03-06 21:03 x
砂糖であれば何でもいいそうです。
私はたまたまテンサイ糖があったのでそれを使いましたが、黒砂糖だと黒っぽい液になるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 米ぬかぼかしのクローズアップ      春の息吹が >>