被災17日目

今朝も冷え込みました。空は快晴ですが、朝から冷たくて強い風が吹いています。
余震が止みません。毎日震度4ぐらいの揺れがきます。
私の住む地区は24日からガス管の点検がなされており、1日か2日後には各戸の開栓にまわるということでした。しかし昨日はそれがなく、今日もあるのかないのかはっきりしません。留守にしていたら開栓はありませんので、外出するにもどちらか1人が家にいなくてはなりません。

BSでフランスのニュース番組を見ていたら、東京の夜はすっかり淋しくなったという映像が映しだされていました。酒場やレストランもすっかり客足が遠のいているようですが、何でも右倣えの国ですから、被災地から見ても奇異な感じがします。笑えたのは「節電啓発担当相」という肩書きでした。何だか不渡りの手形を乱発しているようで、物笑いのタネをつくっているような気がします。国家的危機であることに異論はありませんが、歌舞音曲まで控えたような戦時中のように、極端に走らないでほしいと思います。

昼前に周囲の様子を見てきました。
相変わらずコンビニの棚は空です。スーパーには昨日以上に行列ができています。シェル石油のスタンドにはタンクローリーが入っていて、石油を地下タンクに注いでいました。しかしここは給油設備が壊れたとかで、無期休業の張り紙がしてあります。あとで分かったのですが、これは灯油で、明日にはまた販売するという張り紙があったそうです。
家人は朝に近くの生協に行きました。しかし欲しい牛乳や納豆は品切れで手に入りません。生協の牛乳は県内生産のものを扱っていましたので、製造工場は壊滅的打撃を受けているので入荷しないのです。ほかのスーパーでは、関東近辺の牛乳を入れているところもあるようで、家人は長期保存できる高い牛乳を買ってきました。数日前にほかのスーパーで手に入れた牛乳でカスピ海ヨーグルトをつくりましたが、室温が15℃前後なのでうまく発酵しません。室温でできるといっても、やはり20℃は必要です。

ホームセンターにはトイレットペーパーもティシュペーパーも豊富にありました。ガスの供給がはっきりしないので、家人はガスボンベを2本買ってきました。明日には供給が開始になるのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by 130atm | 2011-03-27 21:46 | 音楽 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30