蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 04月 12日

フトミミズ糞菌ボカシ その2

フトミミズの糞で米ぬかを発酵させた。その2回目の経過報告。

朝のボカシの温度をチェックしたあとに、水をかけて切り返す作業をしている。こうすると発酵がまた活発になる。水分が蒸散して、朝にはまた温度が下がっている。水分量と温度の上昇とは密接な関係があるようだ。

4月1日に仕込んだ糞菌ボカシは、8日後あたりからボカシの塊を覆うように麹菌らしいコロニーがたくさん見られるようになってきた。最初に見られた麹菌よりも菌糸の足は短い。切り返したらその菌も生えなくなった。

9日後の夜あたりから、足のない白い菌が貼り付くように広がりだした。胞子嚢などはなく、横に菌を増殖させて広がってきた。というよりも、中に広がった菌が表面に出てきたというべきか。切り返しも加水も控えて様子を見る。

11日後、温度も下がってきたので、写真を撮った。まるで土着菌はんぺんのような菌のコロニーである。撮影後、少し加水して切り返した。ウグイス色の酵母菌らしいものもある。灰色の菌糸もあり、さまざまな菌が繁殖しているようだ。ボカシは少しねっとりとして結着している。これはアミノ酸だろうか。香ばしい匂いはほとんどなく、少し土臭いような匂いもある。
f0086944_21343611.jpg


f0086944_21345855.jpg左の写真は、上の一部を拡大してみたもの。水滴やウグイス色の酵母菌らしいものも見える。










発酵経過

4月1日 仕込み
 4日後 未だ発酵せず    ボカシ表面に散水し室内に入れる  室温13℃
 5日後 朝44℃ 夜44℃  夜に加水 切り返し  朝から甘酸っぱい匂い   
 6日後 朝55℃ 夜56℃                夜には香ばしい匂い 
 7日後 朝25℃ 夜56℃  朝に加水 切り返し  
 8日後 朝43℃ 夜56℃  朝に加水 切り返し
 9日後 朝33℃ 夜51℃  朝に加水 切り返し
10日後 朝40℃ 夜25℃                白い菌がわだかまる
11日後 朝21℃ 夜36℃  少量加水 切り返し  室温15℃

by 130atm | 2006-04-12 21:40 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/1741937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ガジュマル at 2006-04-13 00:32 x
何とも気持ちよく発酵するものですね~!
以前、馬は、消化器官に草を消化するためのバクテリア(?)を持っているから、こんな草を食べても栄養になるのだと聞いた事があります。
その考えで行くと、ミミズの糞で米ぬかを、というのは、とてもいいアイディアですね。
ミミズの糞を集めるのが大変そうですが・・・。
Commented by 一拙 at 2006-04-13 20:37 x
フトミミズも、その糞も、逃げないので楽なものです。「採ってください」と待ち構えています。^^
本当はヤブ蚊の攻撃が大変なのです。しゃがんだ姿勢で採取しますから、疲れます。そのあとに夾雑物を除く作業がありますから、大変といえば大変なのですが、誰にも入手できない「お宝」と思えば、そんな肉体的苦痛はたいしたことではありません。私もB型ですから、要するにモノズキなのですね。^^
Commented by sakae at 2006-04-14 14:39 x
なんだか不思議な世界だわさ。
一拙さんだからできる世界じゃね。
sakaeには、本当に出来ません(汗
尊敬の眼差し<(*^^)v
Commented by 一拙 at 2006-04-14 21:14 x
sakaeさん。これは糞菌遊びです。^^
私もいろいろ遊んできましたが(^^;)、今はこの遊びにハマっています。ホンに不思議な世界。
誰もやったことのない遊びと思えば、いちだんと趣が増すというもの。
Commented by saki at 2006-04-15 21:22 x
粘菌にはまった南方熊楠とか、ミジンコにはまった坂田あきらなんかがいますが、そんなかたがたを思い浮かべました。
下の写真は雲海みたいですね。そして、これはまたがらっと変わって・・・
一瞬にして変わるところがドラマチックですね。
一拙さんは水分加減が上手いなぁと思います。
Commented by 一拙 at 2006-04-16 15:14 x
かもしあそびは面白い。南方熊楠も面白い。^^
私は今、南方熊楠にはまっているのですが、まったく、古今東西、インドからイスラムまで、彼の博覧強記には恐れ入るばかりです。まるでスーパーマンのように、見た文献はそのまま写真撮影したように頭の中に記憶されているのですから。
その点、私は何を読んでも右から左へと抜けて消えていきます。^^;
それにしても、糞菌あそびは学術的にはさっぱり分からない。素人の悲しさです。でも、それでいいのですね。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フトミミズ糞菌ボカシ その3      軽薄へのエネルギー >>