蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 22日

フトミミズ糞菌培養液の完成

フトミミズの糞に棲んでいる土壌微生物をごはんに移し、それに黒砂糖と水を加えて発酵培養させていましたが、約1カ月を経過して泡(二酸化炭素)の発生がほぼおさまりましたので、増殖がほぼ終了したものと判断しました。
土着菌培養液をつくったときよりも臭いが少しきついような気がします。

f0086944_214342.jpg小ぶりのカメの中は雑炊状態になっていましたが、それを別の容器に移し、カルキの抜けた水を200㏄足して混ぜ、網杓子で固形物をすくい取り、残った液を水切りネットの不織布に通して濾し取りました。
濾し取った液は約300㏄。この液250㏄と粉黒砂糖350立方センチを合わせるとほぼ500㏄の液になり、増殖した土壌微生物は休眠状態になります。これを糞菌培養液の原液とします。

濾し取った固形物にはまだ土壌微生物がいっぱい付着していますから、もったいなのでこれに水を足し、不織布で濾し取ります。先に濾し取った残りの液と合わせ、糖蜜80㏄と塩4グラムほどを加え、全部で800㏄になるように水を足し、よく掻き混ぜて1リットルのペットボトルに入れます。これで拡大活性液をつくります。
恐らく数日後には泡が発生してボトルはパンパンに膨れますが、泡の発生が落ち着くまでの約2週間、毎日ガス抜きをします。この拡大発酵の方法はEMのやり方を踏襲しています。
この拡大活性液を希釈して灌水したり、葉面散布したりしてみようと思っています。


糞菌培養液にはフトミミズの糞塊と糞菌ボカシを入れてみました。それはひとえに放線菌の増殖を期待したためです。
培養液の中で放線菌は増殖したのか、あるいは増殖しないまでも生き残っているのか、はたまた死滅してしまっているのか、素人の私には分かりません。少なくとも生き残っていることを期待して活用していこうと思っています。

糞菌培養液を葉面散布することで具体的にどのような効果があるのでしょうか。勝手に空想して、うどんこ病や黒点病、そしてベト病を防ぐ効果があればと、甘い期待をしています。空想を補強するために、自家製の乳酸菌も混ぜてみようかと思っています。

フトミミズの糞塊を用土に使い、さらに土着菌ボカシを施肥していますから、それだけで土壌微生物は十分のような気もします。そこに土着菌培養液や糞菌培養液を灌水したら、屋上に屋を架するようなものかもしれません。
そのように管理していても、うどん粉病は出ています。まだ黒点病は出ていませんが、この先は分かりません。糞菌培養液を葉面散布したところで何の効果もなかった、ということになるかもしれません。
希釈倍率もどの程度がいいのか、自分で試行錯誤するほかはありません。施用間隔もまず1週間にして様子を見ます。

いずれにしろ、過大な期待を持つことなく、ボチボチとやっていくことにします。
写真の小さいボトルは糞菌培養液、大きいボトルはその拡大活性液です。培養液はドロドロの液体ですが、活性液のほうは底に4センチの沈殿物があります。活性液は仕込んだばかりなので、発酵増殖はこれからです。活性液ができあがっても底には沈殿物ができます。EMではボトルの沈殿物を微生物の棲み処だと言っていますので、使うときにはボトルを逆さにして混ぜてから計量器に注ぎます。
ボトルにラベルを貼りましたが、そうしないと似たようなボトルが各種あるので混乱してしまうのです。

by 130atm | 2006-05-22 21:44 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/2259779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2006-05-23 02:14 x
>、糖蜜80㏄と塩4グラムほどを加え
お塩使うの?へぇーへぇ~・・・15へぇくらいのオドロキです。
Commented by 一拙 at 2006-05-23 21:56 x
塩を使う理由は知りませんが、EMの拡大発酵の作り方にはそう書いてあったので、踏襲しただけ。微生物のエサになるのでしょうか。
Commented by iyashiro_honpo at 2006-11-07 08:00
始めまして。
私も同じ様な事をして菜園を楽しんでいます。
私の場合は、シマミミズの糞を利用して発酵液を作りました。
色々とテストをしてみると、種子の発芽に効果が見えるようです。
このたび私のブログで写真をアップしましたので、見てみてください。

自分で作った醗酵液で植物が元気になってくれる喜びは最高ですよね!

HP : http://www.hicat.ne.jp/home/jc-lab/
blog : http://iyashiro.exblog.jp/
Commented by 一拙 at 2006-11-07 20:28 x
iyashiro_honpoさん、いらっしゃいませ。
HPとブログを拝見しました。
私もEMによる生ゴミ堆肥づくりからミミズコンポストを経て、竹林や山の腐葉土の中の土壌微生物、そしてフトミミズの糞の中の微生物の活用と、試行錯誤してきました。シマミミズの糞はたくさんあるのですが、そこから発酵液をつくることは考えたことがありませんでした。ミミ糞堆肥液をボトルに入れておくと、発酵してパンパンになることがあるのは知っていました。
私が主に使っているのはフトミミズの糞の土壌微生物を培養した液ですが、素人のレベルではどうしても発酵液の微生物の組成が分かりません。しかし、バラの灌水にはこれを希釈して使っていますので、新苗が大きく生長しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シャリファアスマの蕾      自分流バラ用土のシャリファアスマ >>