花の湯


f0086944_1557087.jpg


用事ができて、亡母の郷里の鹿角市花輪に行った。
朝の8時過ぎにカメラを持って路地を歩いていると、古い銭湯を見つけた。
その銭湯と右の建物は一体化しているようだ。趣がある風景だったので、ためつすがめつして写真を撮っていると、玄関の戸が開いて、そこのご主人と覚しき人と目が合った。
「おはようございます。いい雰囲気の造りですね」
二言三言、言葉を交わしていると、見せたいものがあるとご主人が言う。
ややあって、銭湯の入り口が開いた。手招きに応じて入っていくと、由緒ありげな文書を見せてくれた。

f0086944_10125372.jpg

これは、この銭湯の開業時に南部藩から交付された営業許可証「風呂免許」だという。日付は天保七年である。ここは創業188年。後ろを流れる「大堰」という農業用水路から水を引いて湯を沸かすことができたので、銭湯を開業したのだという。それが去年12月にボイラーが壊れたので、廃業してしまったのだ。ご主人の顔には、無念の表情があらわれているではないか。

あとで調べると、ウィキペディアに記載があった。鹿角市で唯一現存している銭湯だというが、廃業によって1件もなくなったわけである。この建物は昭和13年に宮大工によって建てられた。釘を一本も使わない接木工法だという。


f0086944_11153489.jpg


f0086944_1116739.jpg

〔浄土真宗西本願寺専正寺伝道掲示板〕
  朝は希望に起き
  昼は努力に生き
  夜は感謝に眠る
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/23639841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by 130atm | 2015-02-06 20:01 | その他 | Trackback | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31