蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 31日

2日たてば


f0086944_9494888.jpg

5月5日から10日、そして12日にかけて播種したベビーリーフ。これは5月29日朝の光景。
生長が遅いからというので最初に播種したスイスチャードとビートは、予想に反しもう収穫できるほどの大きさになった。いちばん遅く播種したレッドマスタードとグリーンマスタードは、カブラハバチの猛威が収束すると見込んでいたのだが、やはり幼虫の食害で、まだ小さな葉が穴だらけになった。それもしっかり駆除しているので、新しい葉はきれいな形で大きくなるだろうと思っている。

ベビーリーフは播種してから収穫できるまでほぼ1ヶ月を要する。もう20日になるが、アイスバーグレタスの2列の間に小量のリンカリ肥料を施した他は、まだ無肥料だ。播種してから半月ほどは生長はゆっくりだが、その後は急速に葉が大きくなってくる。
下は5月31日の光景。上の写真の2日後に撮ったもの。もうすぐ収穫できそうな大きさになった。見えていた土がほとんど隠れてしまっている。


f0086944_9501453.jpg


菜園右枠のベビーリーフは、曜日を決めて3件にお裾分けをしている。お裾分けどころか、差し上げる分はいいところをたくさん収穫して、わが家の分はどうしても虫食いやいびつなものを収穫しがちになる。
有機肥料が思った以上に効いていて、もうベビーリーフとはいえないほど大きくなってきた。たくさん収穫しても、ものの2日もたてば前以上に繁茂している。おそろしいほどだ。

by 130atm | 2015-05-31 20:02 | 野菜 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/24080864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベビーリーフ栽培が佳境に      元はとれるか >>