蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 10日

土着菌培養その3 2015


f0086944_2121721.jpg


甕に仕込んでから4日目。前日に残っていた黒砂糖150gほどを足したら、今朝には泡が盛り上がるように表面を覆うようになった。醗酵が活潑になっているのだ。
土着菌ごはんだけではバランスがよくないと思い、納豆菌や乳酸菌、酵母菌を足してみようかと思ったが、乳酸菌にしろ酵母菌にしろ、本格的に作ろうとすると、日数がかかる。思案しつつ、とりあえず小粒の納豆を1粒だけ落としてみた。
攪拌すると、前日までとは感触がちがっている。軽くなっているのだ。ごはんの量が減少して、液体が多くなっているような感じだ。。ごはんが溶けていきつつあるのだろうか。これなら、醗酵終了にはそれほど日数がかからないのではないか。

by 130atm | 2015-10-10 21:23 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/24558047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2015-10-14 17:36 x
納豆ひとつでそんなに変化するものなのですか?
乳酸菌入れたらどうなるんだろうか。。。
Commented by 一拙 at 2015-10-14 21:44 x
納豆を入れただけではそんなに変化はしてきません。
写真は黒砂糖を加えた効果だと思います。
少し落ち着いてから、米ぬかでつくった乳酸菌液を少々入れました。
そうしたら、また泡立ちがやや活潑になってきたようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 快晴のはずが      土着菌培養その2 2015 >>