蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 28日

今年のナスは終わり


f0086944_11324577.jpg




















やっと雨がやんだので、裏菜園のナスを撤去。
左側が2株の千両二号の、なれの果て。右側が長なす黒陽の、なれの果て。
これだけ実は生っていたが、いわゆる石ナスで、食べられるものではない。
上手に育てたら、これらのナスも食べられたのかもしれない。そこのところのノウハウがないものだから、放置ということに相成った次第。でも、もったいないことだ。

枝を切っていくと、新しい脇芽がずいぶん伸びていて、蕾もついている。中には花を咲かせそうなものもあった。
ということは、8月末あたりに枝を切り戻しておいたら、今頃はまだ収穫できていたのかもしれない。仙台の気候では秋ナスは無理と思い込んでいたから、切り戻しをすることなく、そのままにしていた。こういうことになるのであれば、来年は切り戻してみるか。

ナスの株元は太いので、剪定バサミでは切ることができない。そこで、茎を切るにノコギリを以てしなければならなかった。これは毎年のこと。


f0086944_11325631.jpg




















今年のナスも終わりなので、総括をしなければならない。
千両二号は2株で144個。盗難32個。黒陽は13本で盗難は5本。
千両二号は1株で100個を目標にしたが、手の届かない数値ではない。来年も千両二号を植えるのであれば、もっときめ細かく管理し、さらに秋ナスに向けて切り戻したら、あるいは可能かも。
そして、やはり土づくりがまだまだだということ。初期の肥培をしっかりして、早期に株を大きくすることを心がける。黒陽について言えば、これは思い立ったのが遅かったのでかくなる仕儀とはなったが、来年は早期に接木苗を植えて、50本は採りたい。

肥料についていえば、ナスは無肥料では立ち行かないということ。有機化成肥料は今年初めて使ったが、この使用を抑えて、できるだけ有機発酵肥料でまかなうようにしたい。生育や実の出来が芳しくないと判断すれば有機化成肥料を補助的に使うけれど、土着菌培養液をもっと有効活用できないか、考えていきたい。


by 130atm | 2018-09-28 11:39 | 野菜 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/30073831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベビーリーフのプランター      サンマの南蛮漬け >>