蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 15日

発酵の季節


ベビーリーフとしては育ちの芳しくないグリーンクリスピーを、鉢植えにしで大きくしようと考えた。
もうすっかり忘れていたが、去年も同じことをしていたのだった。1年前の記憶さえ、あやふやだ!
去年は、どこまで大きくなるのか、その実験の意味合いだったが、今年は大きくなったらどんどん収穫しようと考えている。

その鉢植えの用土を用意した。
土は裏菜園から持ってきていたもの。その土5リットルに、かきがら石灰、苦土石灰、以前につくっておいた米ぬかぼかしを混ぜ込み、竹酢液と土着菌培養液をたっぷりと加えて攪拌。そこに米ぬかを薄く撒き、表面部分だけ土に混ぜ込んでおいた。容器は以前米ぬかを発酵させた台所用の水切りかご。


f0086944_10313740.jpg
























これは土ごと発酵させようという計画。
うまく発酵して土が菌糸に覆われたら、そこに籾殻燻炭を混ぜ込み、最後にペレットの有機発酵肥料を仕込んで、小さな育苗ポットのグリーンクリスピーの苗を収める。
グリーンクリスピーは育苗ポットの中で出芽したばかり。根がポットの中に回らないとうまくいかないので、まだ時間はかかる。

3日後、用土の米ぬかは下の写真のように菌に覆われてきた。


f0086944_10314662.jpg
























トリミングしたのはまったく同じところ。
このまま発酵を継続させれば、緑や赤の色が出てくるだろう。


by 130atm | 2018-10-15 10:35 | 発酵・微生物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/30105961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by warabe at 2018-10-15 23:07 x
寒くなりました。それでも平均気温と言うからいかに今まで暑かったか。発酵には丁度良い季節となりましたね。それにしても菌糸が綺麗に回っていますね。一拙さんの手間ひまのかけかたがハンパナイ。見習おう。
Commented by 一拙 at 2018-10-16 08:31 x
発酵させることをとても面白がるというのが、私の趣味です。^^
趣味には没頭することが大事。物好きというものですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日本で無農薬有機農業を      スポーツ用メガネを使ってみたら >>