蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 13日

堆肥で過敏性肺炎?


f0086944_11385773.jpg





















落葉堆肥を仕込んでから1週間が経過したので、1回目の切り返しをした。
それまで堆肥の温度は40℃ほどに上昇していたから、熱で水分が蒸散し、堆肥の中は乾いているはず。表層部分だけ最初に切り返して覆っている土と混ぜ込み、水をかけて浸透させてから切り返そうと考えた。

切り返しに着手したら、モウモウと煙が舞い上がった。煙の正体は、発酵した米ぬかから飛散する土壌微生物だ。無風だから煙が移動せず、その煙をまともに吸い込むことになった。できるだけ呼吸を抑えながら表面の切り返しを終え、EM活性液を混ぜた水を如雨露4杯分(32リットル)かけ、本格的な切り返しに入った。

まだ1週間目だから、発酵にムラがあって、米ぬかがそのままのところもある。切り返しているあいだにも微生物の煙が立ち上がった。発酵臭も拡散し、着ているものや髪の毛、皮膚にも付着していて、家人から「臭ってる」と言われた。
数時間かけて切り返しを終え、シャワーで全身を洗ったが、手についた臭いがなかなか消えない。着ていたものは全部洗濯かごに。

心配だったのは、堆肥と肺炎の関係だった。だいぶ前に、堆肥を扱う農家で、微生物が原因の肺炎にかかる人がいるという話をどこかで見たことがあった。慢性的なもので、堆肥を扱うごとに土壌微生物を吸い込むのが原因だという。
モウモウと立ち上がる微生物をまともに吸ったので、変な咳が時々出る。このままおさまればよいが、肺炎にでもなったら大変だ。


写真は、切り返し終わった堆肥に土をのせ、ブルーシートで覆った光景。
この木枠の中で切り返しをしたため、堆肥がこぼれないように畦板を挿し込んでいる。数日すれば堆肥の嵩は落ち着いてくるので、畦板をはずす。雨が堆肥にしみ込まないよう、風に飛ばされないようにシートはしっかり固定しておく。
春まで1ヶ月に1回、水分調整をしながら切り返していく。


by 130atm | 2018-11-13 11:40 | 発酵肥料・堆肥 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/30161928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のどか at 2018-11-17 14:07 x
あら!
堆肥で肺炎?
そんな事もあるのですねー。
なんかーシートの中は、ホカホカって感じ!
ふっくら温もっいるのねーと、思える写真です!

肺炎お気をつけくださいませ!
Commented by 一拙 at 2018-11-19 10:26 x
ひところ、ちょっとした話題になったことでした。
何はさておき、土づくり、土づくり。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< もうベビーリーフ栽培の準備?      プランターのベビーリーフは >>