蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 17日

氾濫原 3

私は気づかなかったが、この氾濫原には熊の爪痕のついた樹木もあるという。家人の友人がここに2度来たことがあると聞いたのである。出口(別の入口)の案内板には、熊やマムシがいるので遊歩道以外の場所に立ち入らないようにと注意書きがあった。
たくさん写真を撮ったが、使えるものは少なかった。そして、もっと熱心に花を探せばほかにも咲いていたものがあったに違いない。これから先もいろんな花が咲き始めるので、何度も訪れたい場所である。

コミヤマカタバミ。
ニリンソウの群落の中に小さく咲いていた。葉は別の植物の葉に覆われていて、本来の葉は下のほうに見える。写真を撮るときにはただカメラを寄せて撮るというのではなく、邪魔なものを取り除いて株の様子が分かるように撮らなくてはならないということを、写真を見てから理解した次第。
f0086944_16572622.jpg

タチカメバソウ。
小さな小さな花。これもニリンソウの群落の中。名前も分からずに撮って、あとで調べたもの。
f0086944_16575428.jpg

フデリンドウ。
帰路の山道に小さく咲いていた。あまりに小さかったので、危うく踏みつけそうになった。
f0086944_16582344.jpg

シロバナキクザキイチゲ。
キクザキイチゲはタチツボスミレに次いでよく見る山野草だが、シロバナはやや少ない。陽の傾きかけた帰路の山道で見つけたもの。
f0086944_21215257.jpg


by 130atm | 2007-05-17 16:59 | 山野草 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/5400589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 八島米店 at 2007-05-20 08:35 x
教えていただき拝見しました。山野草の写真がきれいですばらしいです。その他の感心する情報がいっぱいでした。これからも参考にさせていただきます。ありがとうございました。
Commented by 一拙 at 2007-05-20 10:38 x
恐縮です。
私は好奇心いっぱいのただのモノズキですので、好きなことを好きなようにやっているだけです。
これからもよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< やっとここまで      氾濫原 2 >>