蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 28日

いまひとつのラレーヌビクトリア

退院してきてすぐにたっぷりとバラに灌水をした。全部の鉢土の表面を小さなコテで掘り、そのあとに灌水すると保水性も通気性もよくなるようだ。
その日の夜に雨が降った。葉を汚していた黄砂がこれで少し洗い流された。咲き始めたバラもやっと生気を得たようである。

最初に咲いたのはORのラレーヌビクトリア。去年小さな苗で届いてから初めて花を咲かせた。曇り空の早朝に撮ったが、少し青紫がかっている。これは咲き始め。
f0086944_2118316.jpg

半開きになったもの。きれいなのはこの段階までか。挿し木苗なのでまだ株は頼りない。下手に剪定すると枯れ込みそうだ。しかし撮ってはみたものの、あまりパッとしないなァ。花弁の中央部がもっと白くなるとマダムピエールオジェになりそう。
f0086944_21321140.jpg

今日の仙台は北の高気圧から冷たい風が吹き込んでいる。最高気温は15.6℃。札幌より寒かった。これを「ヤマセ」というのだが、これが夏まで続くと冷害になる。週間予報を見ると、20℃を超える日はなさそうだ。

by 130atm | 2007-05-28 21:19 | バラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/5483938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 咲かないうちが華なのよ      またしても >>