蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 17日

写真になりにくいバラ

拙庭のバラで最後に咲いたのはERのジュードジオブスキュアであった。しかしこれが開花という形に至らないうちに花弁が落ちてしまう。天気がよくないとしっかり咲かないというが、写真を撮りたくなる形にどうしてもならない。撮るのを諦めて切り花にしたら、その柑橘系の強い香りを家人がすっかり気に入ってしまった。

切った花や落ちた花弁をまとめてネットに入れ、家人はバラ風呂にした。バラの香りがするので気分は悪くない。風呂からあがっても、香りが肌に残っていると家人は言う。そして、ただのお湯よりも身体が温まると言うのである。

ジュビリーセレブレーションもたくさんの蕾をつけて、次々に咲いている。カタログの写真ほどは赤くないが、天気がよくないとくすんで地味に見えるし、晴天の日中はぐったりと萎れている。花が咲くと横向きか下向きになるので、撮るタイミングが難しい。今朝、朝日が射す前に見たら、まあ何とか見られる状態になっていた。写真はほぼ原寸大である。
f0086944_2185592.jpg


by 130atm | 2007-06-17 21:09 | バラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bongai.exblog.jp/tb/5642275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 赤玉土を考える      不調バラの再生 >>