蝴蝶の夢

bongai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 31日

だし巻き玉子のミステリー


f0086944_13160384.jpg




















家人が突然、だし巻き玉子をつくると言い出した。
今まで家人がそれをつくったことはなかったはず。
聞けば、「だし巻き玉子の素」というものを2袋もらってきたという。
その袋には、「料亭のような一品が手軽に楽しめます」と書いてあった。

もう何年も使っていなかった銅製の重い(870g)卵焼き器を引っ張り出すと、少しカビが生えていた。それをよく洗い、油をなじませて焼いてみたが、溶いた玉子がこびりついてスクランブルエッグ状態になり、悲惨な出来上がりになった。どうもこれは家人の料理の腕とは関係がなさそうだ。

この玉子焼き器は私の単身赴任時代に合羽橋で買ったもので、ふつうは錫をひいてあるが、これはセラミックをひいてある。時々玉子4個でだし巻き玉子をつくり、酒の肴にしていた。

だし巻き玉子の素はもう1袋あったので、今度は私がつくることに。
焼き器をしまうときにしっかり油を塗っておいたのだが、それでもこびりついて同じような結果になった。焼き器にまだ油が馴染んでいないのだろうか。
こうなると意地でも再挑戦ということになる。1週間ほどして、ふつうの顆粒だしでだし汁をつくり、みりん、醤油、砂糖を少々加えて3個の玉子に混ぜ、十分に油を敷いて熱くした焼き器に流し入れた。
するとどうだ。今度は底にこびりつくことなく、きれいに仕上がったではないか。もちろん味も悪くない。わざわざ何とかの素を使わなくても、家にある調味料で、うまくできるのである。

うまくできなかった原因はどこにあったのか。
久しぶりだったので、焼き器に油が馴染んでいなかったのだろうか。それとも、「素」に、こびりつく原因があったのだろうか。
だし巻き玉子は、むずかしい料理ではない。巻き簀で巻かなくても、形は整う。
今ではもう凝った料理はつくらなくなったが、日常の料理でも、少し考えてつくると、味のグレードがアップする。夕食にもう1品欲しいというときには、このだし巻き玉子はうってつけだ。


by 130atm | 2018-01-31 13:21 | 料理 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 20日

コリダリス・フレクスオーサ・パープルリーフのふやし方


私の好きなコリダリス・フレクスオーサ・パープルリーフは、やっと無事に夏越しができるようになった。
夏越しがうまくいくと、今度は株を殖やしたくなる。知人からせっかく小さな株を分けてもらったのに活着に失敗したり、のびてきた根茎を育苗ポットに仕込んでも枯らせてしまったりして、うまく殖やすことには今まで成功していなかった。

今ある7号の朱温鉢の株は去年に6号鉢から株分けしたものだから、株分けはやはりこの山野草を殖やすための王道なのだろう。
ということで、6号鉢の縁まで繁茂してきた株の端の子株を少しだけ掘り取り、3個のスリットの育苗ポットに植え替えた。それは11月28日のこと。少しだけのつもりだったが、数えてみると、小さな株がそれぞれ3つか4つもある。
用土は裏菜園から持ってきた黒土に小粒の日光砂を配合したもの。元肥は仕込んでいない。それを室内の出窓に置いて、冬のあいだに育苗し、あわよくば花を咲かせようと目論んだ。

出窓は日照がよいので、晴れた日にはポットが温まる。夜になると窓から冷気が漂うが、外に置いておくよりもずっと暖かい。ハイポネックスの液肥や、有機肥料でつくった液肥、竹酢液や土着菌培養液などを潅注しながら大事に育苗してきた。
1月になると目に見えて茎葉がのび出したので、あるいはと思い、株元をよく見たら、1個のポットの株から小さな花芽が出ているのを発見。それが1月11日のことだった。その後、残りのポットの株にも花芽が出現し、花茎がのびてきている。こんなに早くから花が見られるとは予想していなかった。


f0086944_10540761.jpg




















花茎のアップ

f0086944_10542535.jpg




















花は咲かせてもタネをつくらない山野草だから、株分けしか方法はないのだろうか。
ネットで調べるかぎり、上手な殖やし方は見つからなかったし、家にある『育てる調べる山野草2525種』にも、殖やし方は記載されていなかった。それでも、子株を株分けするという方法で、確実に苗を殖やすことはできる。

この山野草は、不思議なことに茎から根茎(?)を出すし、株元からも根茎をたくさん這わせてくる。これが子株をつくるのである。去年はその根茎を仕込んだ育苗ポットを外に出して管理が不行き届きだったせいで、枯らせてしまった。失敗するとかえってやる気が湧いてくるから、今度は夏の休眠前にのびてきた根茎を育苗ポットに仕込んで、室内の出窓で管理してみることにする。夏には出窓に太陽光は射してこないが、休眠するはずだから、秋にはその根茎から芽が出てくるのではないかと思っているのだが。



by 130atm | 2018-01-20 11:03 | 山野草 | Trackback | Comments(6)
2018年 01月 12日

徒長か


f0086944_09525191.jpg




















拙庭のプランターでベビーリーフをつくっているが、この冬は寒く、育ちが芳しくない。数日に1回収穫しているが、食卓にのぼらない日のほうが多い。どうしたらいいか。
思いついたのは、セルトレイで育苗してみるということ。出窓なら暖かいし、セルトレイで育てたベビーリーフを収穫することもできるというから、試してみることにした。

セルトレイは72穴のもの。それをトレイに合わせてカットし、48穴にした。出芽までは少し日数がかかったけれど、そのうち胚軸がのびてきた。見た目には徒長である。やっと本葉がのぞいてきたが、これでは胚軸ごと倒れて、収拾がつかなくなりそうだ。だからといって、タネを播きなおしても、また胚軸が徒長するのは目に見えている。だから、このまま育苗していくことにした。

用土はただの黒土に籾殻燻炭を少し混ぜ込んだだけのもの。セルの中にペレットの有機肥料を仕込んでいる。
タネはアイスバーグレタスを2列、レッドマスタードを1列、グリーンマスタードを1列。マスタードはアブラナ科で虫がつきやすいから、裏菜園では播種をやめている。今の時期なら虫もいないので、播種の適期かもしれない。


by 130atm | 2018-01-12 20:01 | 野菜 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 10日

Stjepan Hauser


ピアソラの名曲「Oblivion(忘却)」を何曲も聴いていたら、チェリストのHauserに遭遇した。
クロアチア出身のステファン・ハウザーは、スロベニア出身のルカ・スーリッチと組み、2CELLOSとしてデビューしている。






スロベニア出身のヴァイオリニスト、Lana Trotovsekと、J.S.バッハの「マタイ受難曲」の有名なアリア「憐れみたまえ、わが神よ」を共演した動画がつい最近投稿された。





by 130atm | 2018-01-10 20:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 09日

こんなに肥料を?


f0086944_11450267.jpg
























剪定したバラの枝から、赤い芽が出ている。
一昨年も去年も、バラは絶不調だった。うどん粉病には罹らなかったが、薬剤を噴霧していないので黒点病が蔓延し、これが毎年出るようになった。枝葉は繁茂せず、花も貧相だった。

ろくに肥料もやっていなかったから、バラがすねているのだろうと想像した。
芽が動きだす時期に施肥するのがふつうだが、今年はいちばん寒い時期に施肥してやろうと思い立った。赤い芽が出ているということは、少しは根の活性もあるにちがいない。
黒土に同量のペレットの有機肥料を混ぜ込み、希釈した竹酢液と土着菌培養液をたっぷり注いで混ぜた。しばらくすると、泥濘状だったものが固まってくる。ペレットが水分を吸収してしまうからだ。
それをバラの鉢の表面に分厚く敷き、また同じ液をかけておいた。これで肥料が足りないということはない。むしろ、こんなに施肥して大丈夫かというくらいだ。(写真はマルチを取った状態)

黒点病はどうするのか。
冬になった最初のうちは50倍希釈の竹酢液を数回噴霧して殺菌したが、今は竹酢液と土着菌培養液を300倍に希釈して展着剤を加え、噴霧している。できれば1週間に1回は噴霧していきたい。
これで黒点病は抑えられるのだろうか。以前には石灰硫黄合剤を塗っていたが、気休めにしかならなかった。薬剤を噴霧すると、初期には効果があっても、蔓延してからでは効かないという。黒点病は蔓延したが、なぜかうどんこ病は出なくなった。何か相関関係があるのだろうか。
病気は、株が弱っているから発生するという。強健になれば病気は出にくい。そのためには、たっぷりの有機肥料、根を活性化する竹酢液、そして土壌微生物の培養液を与えることしかできない。

去年はメネデールのバラ用液肥を潅注したが、これだけでは効果が不十分だった。今年はアルゴフラッシュを使ってみる。本格的に葉が展開するようになれば、竹酢液と土着菌培養液を500倍に希釈して、週1回は噴霧していくつもり。これで効果がなければ、お手上げだ。


by 130atm | 2018-01-09 11:47 | バラ | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 02日

新年のご挨拶


1日遅れましたが、新年おめでとうございます。
気持ちを新たに、今年は無理をしない範囲で本格的な体力増強を心がけていきたいと思っております。
元旦には仙台市の大崎八幡宮までウォーキングをして参拝。午後にはジョギングをして、まずはめでたいスタートを切ることができました。

私は古希を迎えましたが、年齢を重ねていくにしたがい、楽しいことは少なくなってきます。それでも、好奇心さえあれば、人並み以上に楽しい生活を送ることはできます。好奇心こそ、生きる源泉であると思います。
今年もおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。


by 130atm | 2018-01-02 10:06 | その他 | Trackback | Comments(6)